10年以上愛用出来る革財布~定期的に修理してもらおう~

革財布の耐久年数とは?

革財布はよっぽど雑に扱わない限り、10年から20年程度は使い続けることができます。使っていくうちに風合いも出てきて愛着も湧いてきますので、壊れた場合でも修理して使い続ける人が多くなってきています。

革財布は修理で蘇る!

合成皮革などの財布の場合は、破れてしまったりして使えなくなることがありますが、革財布の場合は皮が破れることはまず無いので、縫い目がほつれた時などに修理をすればよみがえります。革表面に傷が付いた場合も、傷が浅ければ自然に回復することもありますし、修理をすれば傷を埋めることが可能です。

新着情報

[PR]財布の修理はプロにお任せ!
宅配サービスを提供中

[PR]ダイヤのリフォームを依頼しよう
プロが親身に対応してくれる

革財布愛用者が行なっている定期的な修理について

レザー

革製品の修理専門業者とは?

革製品の修理専門業者とは、あらゆる種類の革製品を直してくれる業者で、財布やバッグ、大きいものではソファーなども直してもらえます。革の傷んだ部分の交換や、革の色の修復、傷の修復などを行ってくれます。ブランドの革製品であると、ブランドショップに革の職人がいて、長年使って得られた風合いを生かしながら違和感なく直してくれます。最近は、インターネットサイトでも多数の革製品の専門修理業者が見つかるようになりました。これらの業者のほとんどは、機会では無く手作業にて修理するのが特徴です。業者によっては、革製品についてあらゆる要望に応えられる資格を有した「レザーライフ・コンシェルジュ」がいるところもあります。また、革について熟知している革職人が古い革製品を新品のように予備が選らせてくれる業者もあります。修理の方法については、ユーザーが指定することもでき、風格を損なわない修理方法と、新品同様に戻す週方法が選択できます。

革財布はパーツ毎の修理も可能

革財布は、革については破れることはあまりありませんので、糸のほつれなどが多く発生します。糸ほつれについては、糸を縫い直しますが、革の仕様状態にあわせて違和感の無い色の糸を使用して修復してくれます。また、パーツごとの修理も可能で、ファスナーの交換や、ホックの交換なども可能です。その他にも、口金の修理なども対応しています。また、痛みが激しい場合は財布の全てのパーツを解体して、必要な部分の革を交換することも可能です。一般的には、財布の外側の皮の部分は手入れをするのみで新品同様に戻りますが、内側に使われている革の部分はぼろぼろになってしまうことが多く、内側のパーツのみ交換して再度縫い直す手法がとられます。もちろん、ベルト部分のみの交換なども対応が可能です。このように、上手に修理会社を利用することで、革の財布を10年から20年くらい使い続けることが可能になります。

こちらもクリック!おすすめ記事

財布

お気に入りの革財布の修理をネット上で依頼しよう

財布を修理に出す場合は、インターネットを利用して業者を探すことで、宅配サービスを利用することができ便利です。その際には、依頼の際の手順も把握しておくことが、失敗を少なくすることができます。

READ MORE
広告募集中